2015年06月19日

コレチゾールでストレスに強い体になる!

ストレスに強いと、ウイルスなど病気に対する免疫力も増え、バランスの良い
精神的にも安定した生活が送れます。晴れ


では ストレスに強いからだって、どうやって作るか?
<それにはストレスホルモンである、コルチゾールの分泌>
  が関係していた事が判明しましました。



人間は、誰もがサーカディアン・リズム(生体リズム)と呼ばれる体内時計を持っています。
そして、サーカディアン・リズムは、コルチゾールというホルモンの分泌を調整する役割を担っています。



じつはこのコルチゾール、ストレスに敏感に反応するホルモンと知られています。 cofee.JPG
脳を覚醒させる働きがあり、とくに朝の8時〜9時の間に分泌されるのだとか。






朝8時〜9時に、カフェインの入ったコーヒーなどを飲むことで、コルチゾールの分泌が減少してしまうのです。
結果、体内ではカフェインに対する耐性がついてしまい、今までより多くのカフェインをカラダが欲するようになります。
ですから、朝起きてコーヒーを飲む習慣のある人は、午前9時以降に飲むことをオススメします。




では、朝早く目覚めてしまったら…

いつ飲めばいいの?


では、もし朝早く起きてしまった場合、すぐにコーヒーを飲むべきでしょうか?
コルチゾールの分泌量は、起床時間に関わらず、目覚めた直後に50%ほど増量するといいます。
研究者は、目覚めてから1時間は時間をあけてコーヒーを飲むことが理想的と語ります




また、お昼の12時から午後13時、 午後17時30分から18時30分も同様に 
コルチゾールが多く分泌されるので、 この時間も避けたほうがベターだそうです。



BIGLOBE WiMAX 2+ ★タブレットプレゼントなど★
posted by ぷらねっと at 07:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。