2016年11月25日

水素水は効くのか効かないのかの理論・・・

私的には水素を調べていると「粒子の大きさから」
腸壁をするするすり抜ける粒子の大きさには「嘘」はなく
この地球上で一番小さな原子 分子であることは間違いないと思っています。

薬の成分やウイルスが大きさにより「効いたりきかなかったり」
健康に関与があるのは事実です。
みうの粒子が小ささければデトックスに関しても排出力は大きいと。

水にこだわれば身体の水分量を「交換したいとき」良質な
汚染されていない流通の良いものが最適なのだから
機器を通してイオン化して電子を置く持たせた水は
「人の活動に有意義な水」だとも思います。

水道水を直に飲むより 健康的なことは間違いないと(笑)


posted by ぷらねっと at 19:11| 健康管理 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。