2016年12月30日

白米はビタミンドロボー・・・ 

三石 巌先生・慶応大学津田塾大学元教授のお言葉です。

先生に言わせると白米が消化されるとき身体が
ビタミン・ミネラル不足でなければ白米は、ピルビン酸→アセチルCoAに変換され、
好気性解糖(クエン酸回路+電子伝達系)に入り完全燃焼される(ATP38個)


そうですが、ビタミン不足、ミネラル不足があれば好気性解糖に入れず、
乳酸に代謝されてしまう(ATP2個の嫌気性解糖)

そうです。
白米は糖質として量を制限して食べていますが (燃料としてはケトン体を主として居ます)
ビタミン・ミネラル不足は怖いですね・・・

先生に言わせると ガンは最初発生してから癌になるまで19年くらい
身体の中で「せめぎ合っているのだそうです」

食事や水や生活環境に気をつけなければ 免疫機能が落ちて
体内に発生した「ガンの誘導体」活性酸素が「ガン発がん物質」として
体内に蔓延するそうです。

糖質を制限すればガンは成長できません。
それを利用した薬もあります。 P53フコダイン
枯渇 死滅させることも可能なんです。

esa.PNG


ご飯 本当に美味しいと思います。 大好きです(笑)
でも ガン家系の自分としては 量を制限して

痛むところがないまま 死んで行きたく 思っています。
ビタミンといったら B6、B12、 豚肉 マグロなど高タンパク
ミネラルといったら 美味しいお塩は天然ミネラル 生命の元です。
B1不足による脚気はあまりにも有名です。

電車で居眠りしている人は糖質過多+B1不足の潜在性脚気と言われています。

皆様 健康に 生きましょう♪ 
posted by ぷらねっと at 19:32| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。